読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草木無量がただただ書く(旧)

http://kusakimuryou.com/←こちらに引っ越しました。ここはそのうち閉鎖する予定です。

H家のみなさんいつもありがとうございます。

15. 雑感
はじめに

 今回の記事は完全に内輪ネタです。リアルでお付合いしている親戚に草木無量というペンネームでブログを書いていることを伝えたため、もしかしたら読んでるかもしれないという想定で書いています。

 

あたたかいH家

 先日友人と横浜で酒を飲んだことを記事にした(これ)。

 

 実はその翌朝、親戚と上野で飲んだ。

 

 親戚と言っても、少し関係は遠い。具体的に言うと妻の亡くなった父の兄の娘の彼氏である。妻から見るといとこの彼氏である(以下Tさんと言う)。

 

 私が妻と結婚した時に既に妻の父はお亡くなりになっていた。だから妻の父のことは写真でしか知らない。生きている間にお目にかかりたかったが、こればっかりはどうしようもない。

 

 話を戻すと妻の父は僕が結婚したと時には既に他界されていた。そうなると、通常であれば妻の父方の親戚(以下H家とする)とは縁遠くなっても不思議ではないと思うのだが、そうなっていない。

 

 お盆、正月だけでなく、頻繁に交流している。というか交流したくなる。そういうあたたかさがH家にはある。

 

 私が妻と結婚した時、東京のH家にもごあいさつに伺った。その初日から外様の私を皆さんあたたかく迎え入れてくださった。それ以来、H家の皆さんとは頻繁に交流させていただいている。

 

 どの位深く交流しているかというと、妻がいなくても私一人でH家に行ってしまうくらいの気楽に行けてしまう関係である。

 

そして朝も夜も酒を飲む

 Tさんとの関係は通常でいうとすごく遠い関係だと思うのだが、二人だけで飲める関係である。しかも朝から立ち飲み屋で。東京に住んでいるTさんは私が珍しく都会に出てくるからということで、夜勤明けでお疲れの中、朝から酒飲みに付き合ってくださった。その日の夜も夜勤のシフトであるにも関わらず。そして酒だけにとどまらず、カラオケにも一緒に行った。

 

 Tさんとこのような関係になったのもH家があってこそ。H家の居心地のよさについては以前Tさんとも話をしたが、私と同じ思いだった。

 

 昼頃にTさんとは解散したのだが、Tさんが飲んでる時に「せっかく東京に来たのだからH家のみんなが草木君と皆飲みたがっている。今日H家に泊まったらどう?」とおっしゃった。そんな話をしていると、H家のKeさん(妻の亡くなった父の兄の息子(長男))から私の携帯に電話がかかってきて「今日一緒にH家で飲もう!」とのお誘いが。

 

 結局夜からH家でKeさん、Kuさん(Keさんの妹でTさんの彼女)、妻の妹、妻の妹の夫、おばさん(KeさんKuさんの母)、私というメンバーでお酒を飲んだ。一見不思議なメンバーで飲んでいるように見えるかもしれないが、飲んでいる当事者は不思議な関係とも何とも思っていなく、飲み仲間である。

 

H家の皆さんいつもありがとうございます。

 結局その日は0時過ぎまで飲んで、図々しくも私はH家に宿泊させてもらった。

 

 そして朝起きると夜勤明けのTさんが合流し、朝起きたら帰るつもりだったのがちゃっかり朝食もごちそうになって(というか夜もだな)、昼過ぎにやっとH家を出た。

 

 実はまた近いうちに東京に行く用事があるので、またH家にふらっと行ってしまいそうだ。いつでも受け入れてくれるというあたたかさがあるのだ。

 

 名前が書けないのでイニシャルとかになってしまい、また関係性の説明もまわりくどくなってしまってわかりにくかったと思うが今回は冒頭の通り完全に内輪ネタである。

 

 要するに何が言いたかったかというと、口下手な私は面と向かってきちんとこのH家のあたたかさについて言及したことがなかったと思うので、このブログを見ているかもしれないH家の皆さんに感謝の気持ちを伝えたかったのである。

 

読んでいただきありがとうございました。

合掌

 

これ↓をクリックするとブログ村に飛び、僕のブログ村でのランキングが上がるので嬉しいです。

 にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ