読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草木無量がただただ書く(旧)

http://kusakimuryou.com/←こちらに引っ越しました。ここはそのうち閉鎖する予定です。

【2016年11月場所12日目時点】稀勢の里3横綱破り10勝2敗といい感じ。豪栄道は3敗守る+北の富士さん12日目テレビ解説のコメントをピックアップ

f:id:kusakimuryou:20161125024150j:plain

(12日目NHKの大相撲中継より)

豪栄道、12日目遠藤に勝って3敗守り9勝3敗

 2016年(平成28年)11月場所(九州場所)。12日目の大相撲について書いていきます。

 

 このブログでは今場所豪栄道に注目してきました。優勝も綱取りも今場所は厳しい状況であることから、世間的にはむしろ3横綱を破り優勝争いに絡んでいる稀勢の里の方に注目が移っている感じがします。

 

 しかしながら私は今場所豪栄道が12勝できるか、というところに一番注目しています。ということで、まずは豪栄道のことから書いていきます。

 

 豪栄道は、11日目に照ノ富士を寄り切って勝ち、12日目は遠藤を電車道で押し出して何もさせず圧倒。3敗を守って9勝3敗です。

 

 この後3横綱との対戦(日馬富士、鶴竜、白鵬の順。鶴竜、白鵬はNHK予想)になると思いますが、何とか全勝して12勝してほしいです。

 

 北の富士さんも「残り全部勝って来場所につながる成績にしてほしい。立ち合いが良くなっている。負けた相撲も決して悪い相撲ばかりではない。(稀勢の里に負けた相撲は)前に出ているが詰めを誤った相撲だった。もったいない」と言っていました。

 

稀勢の里、12日目日馬富士に勝って3横綱破り10勝2敗といい感じ

 稀勢の里は今日仕切りの時に「俺は緊張なんてしてねぇぜ。リラックスしてるぜ。余裕だぜ」と主張しているようなこんな表情をしていました。

f:id:kusakimuryou:20161125024753j:plain

 

 稀勢の里は土俵上とは思えないような一見力抜けすぎのように見えるこんな表情を時折見せますが、妻と二人でこんな顔してたら負けちゃうんじゃないかとテレビに向かって言っていました。

 

 ところが最初日馬富士の喉輪をくらうも、稀勢の里はその後一気に寄り切って、勝利。今場所3横綱を破り10勝2敗。1つの場所で3横綱に勝ったのは初めてだそうです。

 

 北の富士さんも「むっちゃくちゃ強いね~。ほんとに左四つになったら勝てる者いないですよ」と絶賛でした。そしてこの後、北の富士さん機嫌がよくなった感じがしました。

 

 豪栄道に注目が集まっていたのでいい感じで肩の力が抜けていたのでしょうか。ただ稀勢の里はコロッと負けることがあるので、あまり優勝を期待しすぎず見守っていきたいと思います。

 

北の富士さんのコメントピックアップ(12日目テレビ解説より)

 今日のテレビ解説は冒頭の写真の通り北の富士さんでした。ということで恒例のコメントピックアップをしていきたいと思います。

 

【①隠岐の海と魁星の取組後の辛口コメント】

   隠岐の海が勝ったが・・・

 

 北の富士さん:まぁ二人ともヨタヨタしているね。また元気のな~い相撲だね(吐き捨てるような言い方)。

 

 太田アナ  :やはり成績がこういう相撲に出てくる部分があるのでしょうかね~。

 

 北の富士さん:出ますよ。出ない人もいる・・・嘉風みたくはつらつとしてる人もいるし、てれ~っとしたのもいるし・・・

 

 太田アナ  :やはり孫弟子の隠岐の海にはなかなか厳しい北の富士さんですが・・・(小声)

 

 北の富士さん:いや今隠岐の海のことを言っているんじゃないです。

 

 太田アナ  :魁聖の方ですね。

 

 北の富士さん:いやいやそういう人もいるからということですよ。

 

 草木の感想:隠岐の海のことじゃないと言っているけど・・・私も太田アナと同じ受け止めでした。なぜか隠岐の海にやたら厳しい北の富士さんである。期待の裏返しだと信じたい。

 

【②12日目全取組終了後の優勝予想に関するコメント】

 冒頭優勝ラインが3敗になることはないと予想していたが・・・

 

 太田アナ  :さぁ北の富士さん、こうなって、残り3日間で優勝予想どうでしょうか?

 

 北の富士さん:う~ん・・・豪栄道か。鍵を握るのは。

 

 太田アナ  :この後、横綱3連戦ですね。(冒頭)3敗は少し(優勝は)厳しいのではないかとおっしゃていましたが。

 

 北の富士さん:う~ん・・・ちょっと考え直しますw。ちょっと今晩一晩考えて・・・(小声)

 

草木の感想:北の富士さんがホントに楽しそうに話していたのが印象的でした。やっぱり稀勢の里に優勝してほしいのかな。確かに混戦で優勝予想は難しいです。3敗も十分目がありそう・・・。

 

最後に一言、いや二言三言。

 鶴竜は12日目琴奨菊を寄り切りで破り、ただ一人1敗を守る。

 

 白鵬は12日目照ノ富士に寄り切られまさかの3敗目。これは意外でした。全盛期過ぎた説は正しいのでしょうか。

 

 石浦は勢に一気に寄り切られ2敗に後退。三役経験者の勢は力の差を見せつけました。

 

【12日目時点勝敗メモ】

 1敗:鶴竜

 2敗:日馬富士、稀勢の里、石浦

 3敗:白鵬、豪栄道、正代

 

読んでいただき、ありがとうございました。

合掌

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

↓北の富士さんのコメント関係の記事です。よろしければどうぞ。